美しく情緒のある日本に生まれて良かったと今更ながら思う事。

移ろい変わりゆく四つの季節。

多くの人が子供の頃から知らず知らず四季の移ろいに生活を結びつけて行く。

春、桜が咲き若葉の匂うこの時期、新たな世界や物との出会い。

夏、強い陽の光に躍動的になり、おおらかな自由を感じる。

秋、夏の疲れを癒してくれ深まり行く晩秋は自然が様々な色でもてなしてくれる。

冬、すすきの穂がなみうち、時として水墨画のような美しい景色を与えてくれる。

四つの季節が時として優しさ、また力強さ、情緒や幽玄さを人々の心へ写し込む
日本の平凡でさりげないこの日常を大切にしたい。