憧れるある人物がいる、 彼は戦中から昭和の変動の中、自分の『筋』貫き、
生き、 当時の様々な有識人にその存在感を示した超カッコイイ男である。

彼に関する著書は多く、国立図書館で検索すると147の書物がHITする。

歴史上、日本に大きな名声を残した、戦国大名達や、江戸時代から明治
への変革に際し、儚くも若い純血と想い に散った若き集団とも違い、然程
日本国民に取沙汰されてはいない。

しかし、その存在感は他を圧倒すかの様、覆いかぶさる、調べれば調べる
程に